So-net無料ブログ作成
検索選択

クロムエクセルレザー 手入れ [靴磨き]

スポンサーリンク




クロムエクセルレザーとは?
クロムエクセルレザーの手入れ、最適なクリーム探しをレポートします。


こんにちは
プリシュランク(防縮加工)デニムを以前洗ったら履けなくなり、
ただ今リベンジ中のsumitaniです。


タイトルの【最適なクリーム】とは、私が所有している中でのクリームのお話です

本日紹介するのはこちら


Rolling dub trio - Coupen (503日経過)
クロムエクセルレザー

写真 12-10-25 22 49 48.jpg





コルクソール
スチールプレート

写真 12-10-25 22 47 12.jpg


Continentalヒール

写真 12-10-25 22 47 27.jpg




以前はワークが好きだったのと、ホーウィン社のクロムエクセルを経験しておきたく購入に至りました。
さらには初体験のコルクソール、スチールプレート、Continentalのヒール…

トゥはぽってりとワークブーツながら、履いてみると思ったよりもスマートなんですなぜか。





今回の革である
クロムエクセルとは、人工的なクローム鞣しと自然的なベジタブルタンニン鞣しの良いとこ取り…

特徴は多くの油分…

【以下引用】
----------
≪クロムエクセルレザー≫

●原皮(まだ加工も何もされていない、”革”ではなく”皮”の状態)を”コンビなめし”という方法でなめし、

牛脂、蜜蝋(みつろう)、魚脂など計4種類以上の油脂をブレンドして作られた独自の特性オイルを塗りこみ、

皮革に浸透させた牛革です。

通常の何倍もかけ、人為的にではなく”皮のペース”でじっくりと油脂を染み込ませる事によって

とてもオイル分が多く、見た目はもちろんの事触った感覚でも分かる程の”重量感”と”質感”が特徴です。
----------
【引用元はこちら 『GO SLOW』】
http://ameblo.jp/goslow-shop/entry-10773075218.html



良い革だ!ってことです。笑





ALDENかっこいいな
→あのヌメヌメの光沢はコードバンというのか
→なるほど、ホーウィン社が生産しているんだな
→クロムエクセルレザー?ほう
→これもホーウィン社の革なのか!
→欲しい!

ですね。
コードバンに憧れていた当時が懐かしいです。





本日の目的は、【クロムエクセルレザーに最適なクリームとは?】


今回使用するクリームは


サフィールノワールクレム

ディアマント

タピールレーダーフレーゲ

の3種類です。



まずはKIWIの中性クリーナー

アフター

写真 12-10-25 23 07 08.jpg


右アフター

写真 12-10-25 23 07 15.jpg


左アフター

写真 12-10-25 23 07 19.jpg



すっきりしたところでいきます!



1.右 サフィールノワールクレムと少量の水で

写真 12-10-25 23 31 37.jpg


アップ

写真 12-10-25 23 31 45.jpg


どうでしょう?




2.左 ディアマント

写真 12-10-25 23 46 13.jpg


アップ

写真 12-10-25 23 46 55.jpg


いかがですか?




3.右 サフィール×タピールレーダーフレーゲ

写真 12-10-26 1 26 32.jpg


アップ

写真 12-10-26 1 26 42.jpg


どうでしょう?
もう違いがわからないって?




4.左 ディアマント×タピールレーダーフレーゲ

写真 12-10-26 1 27 08.jpg


アップ

写真 12-10-26 1 27 21.jpg




どうですか?
もうどうでもいいって?




ほら、これでどうですか?

写真 12-10-27 18 39 07.jpg

12
34

ですよ!



私は1のサフィールのみが好きかもしれません!

本来であればワークブーツなので、ミンクオイルのみとかのほうがアジが出て良いんでしょうね。



でもこの靴のフォルムが結構きれいなんですよ!

写真 12-10-27 18 52 51.png

これは磨く前のいつかの写真ですが、
これでテカテカしてるのもまあいいんじゃないでしょうか?


ヒールがあってちょっとスマート
ワークブーツながらテカテカしててもかっこいい?



なんといっても、ソールが分厚いので身長3cm増し?



というまあおもしろい靴です。



ミンクオイルとか、他のクリームでも磨いてみたいですね!



とりあえずこれからは1.サフィールのみで磨いてテカテカで行こうかと思います。







いつものように長文にお付き合いいただきありがとうございました。






※補足

クリームじゃないじゃん!
と突っ込んだ方は靴磨きマスター

今回使ったクリームは、3種類ともワックスに近いものです。

サフィールノワールクレムはWESTONのワックスと成分が似ている?みたいです
ディアマントの主要成分は、シーダーウッドオイル・ラノリン・油脂と油入りです。
タピールレーダーフレーゲは液体ですが、純粋にワックスです。


情報提供していただいた皆さんありがとうございます!












最後に…


艶が違いすぎてこのままでは外を歩けなくなってしまいました。

写真 12-10-26 1 28 48.jpg


実験も良いですが、靴には悪いことをしていますね…
皆さんもお気をつけください。




ではでは。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。